「エラーしたのはお前だけじゃない」

2016月08年09日

 

Rioオリンピックとともに甲子園も始まりました。

 

もしかして40年前?私が高校球児の頃って…

当時の野球部チームメイトの矢田憲二くんと再会したときのことです。 彼は、5番を打つ強打者でありながら、左腕のリリーフ投手でもありました。 現在は大手石油会社の課長さんです。

我が母校、近大福山高校野球部は、OBに元ロッテの村田兆治さん、元ヤクルト→元巨人の浅野啓司さんがいらっしゃいます。

新橋の焼鳥屋さんで酒を酌み交わし、高校時代の思い出に花を咲かせました。 ほとんど、おやじ丸出しの会話。誰が見ても、やさぐれおっさんの飲み会となりました。 実は・・・

高校の野球部時代のチームメイトに会ったら、みんなに謝りたいことがありました。

大人になった今でも夢に出てくる辛くて苦い思い出。今でも一つのプレーが悔やまれ、私の脳裏から離れません。人生を変えた大失策とさえ思うことがあります。 私は、いつかチームメイトに会ったら、みんなに謝ろうと30年間思い続けてきました。

それは・・・

2年生となり新チーム結成、不肖高山が主将に選ばれ、春の選抜大会の県予選に臨んだときのことです。

順調に勝ち進み、準決勝の強豪広島商業戦。6回まで0対Oの緊迫した接戦が続いていましたが、7回にノーアウト満塁のピンチをむかえたのです。

強豪相手の投手戦、一つのミスが勝敗を分けます。ナイン全員が緊張のピークでした。そのとき三塁手の私のところに絶好のダブルプレー向きのゴロが飛んできました。 「ヨッシャッ!」と思った自分の気持ちとは裏腹に緊張で肩に力が入ってしまい、 ホームに暴投ダブルプレーどころか、最悪のタイムリーエラーをしてしまったのです。

捕手も呆然、内野手も全員が呆然と立ち尽くしていました。スタンドから「ウォー」という轟音のような歓声で、我を見失い、白球がファールグランドを転々と転がるのを全員がボーッと眺めている・・・ その光景が、今でもはっきり私の脳裏に焼きついています。 気がついたら、塁を埋めていたランナーたちが私の目の前を凄いスピードで次から次へと通り過ぎ、ホームに走り去っていきます。

監督がグラウンドに飛び出し「ボールを追え!早くボールを!」という大きな声に気づいたときには、三人目がサードベースを回っていました。

結果は1対7で敗退。同時に春の甲子園の夢も絶たれました。

私のエラーで負けたのです。

しかし、、、 試合後のロッカールームで自分自身を反省した記憶が無いのです。 チームメイトに「俺が悪かった・・・ごめん」と謝罪した記憶が無いのです。

私は大人になって初めて、みんなに謝っていない自分に気づきました。 あのとき反省すらしなかった自分に、社会人になって初めて気づくのです。

今でも、年に数回あのシーンを思い出します。昼も夜も、もちろん仕事中もです。 その度に、 なんで謝らなかったのだろう・・・ オレって、勝手なやつだよなあ・・・ 人の気持ちを思いやれない、ひどいやつだなあ・・・ みんな怒っているだろうなあ・・・ あのエラーがなければ甲子園に行けたかもしれないのに・・・ 甲子園に行っていたら、みんなの人生も変わっていたかもしれないのに・・・

社会人となり、管理職になって「謝れない上司「人の気持ちを思いやれない上司」と言われたことがあります。経営者になった今も「社員の気持ちがわからない社長」「もっと、自分たちを見てほしい、愛してほしい、愛が足りない社長」と言われることがあります。

その度に、このシーンを思い出すのです。 謝れなかった自分、チームメイトを思いやれなかった自分を思い出し、高校時代から成長していない自分にとても悩んでしいました。

その通りだよなあ・・・ あのときみんなに謝れない男だもんなあ・・・ 彼らの悔しさがわからない男だもんなあ・・・ オレは俺しか見ていない男かもしれない・・・ 俺って、ほんとうに勝手なヤツだなあ・・・

ずーっと、そのことに悩み、後悔し続けてきました。

いつかわからないけど、チームメイトに会ったら、一人一人に自分のエラーを謝ろうと、心に決めていました。

飲み会も終わりに近づき、矢田くんに聞きました。 「広島商業戦覚えとる?あれ勝ったら神宮大会出場で甲子園が見えたのにのー」 「あー」 「わしのエラーで負けてのー」 「はあっ!?そんな昔のこと覚えとるんか!?」 「大人になっても、あのことは忘れたことがない・・・」 「高山!みんなエラーしとる、お前だけがエラーしたわけじゃない。わしもいっぱいエラーした。お前にも助けられた。わしも、いっぱいみんなに助けられたけん」 「いやー、わしキャプテンじゃったし…みんなに謝らんかったことを後悔しとるんよ」 「高山、エラーしたのはお前だけじゃない

私は、この言葉に胸が熱くなり、次の言葉に詰まってしまいました。

同じ涙と汗を流した彼らとの3年間、野球ができてよかったと思いました。矢田くんをはじめとするチームメイトたちと同じ釜の飯が食えて本当によかった。

それは、私の40年あまりの胸のつかえがスーっと消えた瞬間でもありました。 「エラーしたのはお前だけじゃない」

私の人生の中の貴重な一言、そして忘れられない言葉となりました。

「俺は一人じゃない」

そう思えた瞬間だったからです。

矢田! ほんとうにありがとうのー。

会えてよかったわい、 謝れてよかったわいや。

近畿大学付属福山高等学校 野球部主将

高山 直~!ってか…

前澤化成工業(株)窪田社長様&杜さんでーす♪

2016月07年06日

前澤化成工業様の窪田社長(左)と経営企画室(右)の杜さんとのスリーショット!でーす。

*前澤化成工業 http://www.maezawa-k.co.jp/

集合写真

いい顔してますよねー、皆さま~♪

杜さん、お写真を送っていただき、感謝&感謝でございます。

ありがとうございましたー!

本年5月、拙著の出版パーティにお越しいただきました。窪田社長様におかれましては、素晴らしいスピーチで、暖かい言葉もたくさんいただきました。重ねて御礼申し上げます。

 

杜さんの熱い想いでEQをご導入いただきました。

CSC_0220

 

EQ導入のご挨拶にお伺いしたときの、窪田社長様の一言が忘れられません。

「すぐに身につくものは、すぐに手放すことになる。EQは人の本質に深く関わっており、その本質を変えないと根本的な解決にはならない」

EQの大切さ、EQへの理解、そしてこの行動力…

こういう方の傍にずっと居させていただきたいと思います。

カッコいいっす!マジです。

俺も、そうありたい…です。

高山直

P.S 杜さん、写真ありがとう!杜さんが居たから、今があります。深謝!

高山直の本を探しに…

2016月07年04日

EQっすよ!、19!

20160704174700本

お探しの本「E-19」スゲ!

 

本を書くとですねー、自分の本って我が子同然なんですね。会いたくなって本屋さんに行くでしょ。どこにいるか探しますね。で、見つけると手に取って読んじゃう、話かける。「いたいたー、いい子にしてますかー。いい人に出会うといいねー」とか言っちゃって…

ヤバイっすね(笑)

読んでるうちに、面白くなって真剣に読み入る。

「いいこと言うなー、この人ー」って共感する始末、気がついたら50ページあたりまで読んでたり。。挙句の果てに電車に乗り遅れたことも…あります。

ヤバイっすね(笑…えない)

 

毎日、我が子に会いに本屋さんに出没する、高山直でしたー。

ヤバイっすね:汗タラ~

 

 

父の日は19日

2016月06年17日

今月の19日、「EQの日」は父の日です。

といいましても、特別なことは何もないと予想されます。母の日に比べ、父の日は、、どうなんでしょう。注目度低いかも…ですよね(笑)

こういう日は、ドシッと座ってましょうかね、男らしく。そして大人しく、でも笑顔で。「よきにはからえ」ばりに(笑)。

殿様気分で父の日を迎えたいと思います。

高山直

透明人間からの帰還

2016月06年08日
今、企業で働く「人」は、透明人間となり、姿、形が見えなくなっています。
見えているのは「成果」「業績」そして利益の有無です。
人は存在しません、透明です。
少々言い過ぎました。
情緒や情愛を大切にする会社、職場、人が少数派に追いやられた社会。
これでいいのか日本!俺が変えてやる!(これも言い過ぎですね)の想いで、
執筆したのが「EQ感じる力にお磨き方」なんですが…
でも、こうも思うのです。
そんな雑菌(言い過ぎですね)にまみれるからこそ強くなれる!
アレルギーなどどこへやら、免疫力も高く、逞しく生きる力を与えられる?手に入れる?ことができる。
理不尽…でもその中に人の本質があり、理不尽と向き合える知恵を生み出す。
世の中は理不尽です。でも、その理不尽があるから、知恵を身につけ、人は逞しくなる。
花粉症をはじめとする様々なアレルギー
信じられないかもしれませんが、私の生まれたころはありませんでした。そのかわり鼻みずを垂らしてました(笑)。私の実家は牛乳屋さんで、よく食卓に賞味期限切れギリギリ(切れたのもありました)の、あまった牛乳が食卓に出てくるのですが、がぶがぶ飲んでました。(マネしないでくださいよ!)そのお陰でお腹めっちゃ強いです。私の自慢です。
ヤギさんの乳で育ち、野山を駆け回り、野球に出会い、育った私に花粉症はやって来ません。
理不尽…
体育会系野球部でキッチリ経験しました、それも命を懸けて(言い過ぎですね)。
就職して、まず思ったこと「「ミスをしても殴られない」今思うと「アホ」ですが(笑)。
ミスをしなくても先輩の機嫌次第で「説教」という理不尽が待っている時代を考えれば天国に舞い降りた「就職と仕事」でした。
今の私って、雑菌と理不尽に鍛えられて今があるのだと思います。
と、もう一つ!
両親と家族です。
人は人に支えられて生きていけます。
なにがあっても私の味方の母の存在が大きいです。
その母に支えられて生きてこれました。
嘘偽りなし!です。
あなたを支えてくれる人、応援をしてくれる人が、きっとあなたの傍にいます。
あなたが知らないだけで、そっとあなたを見守り、応援し、支えてくれる人がいます。
あなたは一人ではありません。
もう大丈夫、全てはきっとうまくいく。
 高山直でしたー

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ