髙山 直ブログ「左の振り子」

毎月19日は「EQの日」です(笑)

2018月03年19日

EQのスタート=自分の気持ちを感じると、

人の気持ちが気になる。

人の気持ちが気になると、その気持ちを分かろうとする。

人は、自分の気持ちを分かろうとする人の気持ちを分かろうとする。

それが共感となり、お互いの信頼の素となる。

たかやま なお

自分の気持ちを分かろうとしない人の気持ちは別に気にならない。

信頼関係?

築こうと思うだろうか、その人と。

ヘルスケアIT2018で事例発表します。

2018月03年07日

4月20日(金)15:00~15:45でお話をさせていただきます。

https://ubmjapan-group.com/healthcarejapan/seminar/#date3

不肖高山直も、EQのご紹介パートで登壇予定でございます。

 EQもビジネス領域だけでなく、学校、教育、医療分野など、確実に私たちの身近な社会生活に広がりつつあります。
「健康×EQ」意外な取り合わせではありません(笑)

 

「糖尿病重症化予防プロジェクト」

https://eq1990.com/blog/%e3%80%8c%e7%b3%96%e5%b0%bf%e7%97%85%e9%87%8d%e7%97%87%e5%8c%96%e4%ba%88%e9%98%b2%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%af%e3%83%88%e3%80%8d%ef%bd%85%ef%bd%91%e5%88%86%e6%9e%90%e5%a0%b1%e5%91%8a/

徳島県様との取り組みで、糖尿病予防×EQの結果も報告をさせていただきました。

その取り組みで「糖尿病予防EQシステム」を開発し、そのシステムを日本初!でご導入いただいた

「バンドー化学株式会社」様 http://www.bandogrp.com/が表題イベントで現在の状況のご報告をされます。

バンドー化学様は昨年「健康経営銘柄2017」を初受賞され、なんと!今年も受賞されました!!!2年連続です。

「健康銘柄2018」http://www.bandogrp.com/news/date/h300220_01.html

EQの取組も今年で7年目、私たちも微力ながら貢献できていることを実感しております。

めっちゃ嬉しいです。

 

お時間が許せば、ぜひ!皆さまお越しくださいませ。

高山 直

世界経済フォーラム2018(ダボス会議)

2018月03年02日

 

 

 

中国のEC最大手アリババ、ジャック・マー会長が、今年のダボス会議でスピーチをされました。

2016年以来、毎回のようにEQが取り上げられ、今年もEQが語られていました。

https://www.buzzfeed.com/jp/eimiyamamitsu/alibaba-jack-ma-forum?utm_term=.ch0GqErob1#.oi4A501QWJ

成功したいのなら高いEQ、負けたくないなら高いIQ、尊敬を得たいのならLQ

テクノロジーが進化しても、大事なのは「自分自身」

人工知能(AI)・ロボット・コンピューター・データで、人々は不安になります。

しかし、どんなに不安でいても革命は必ず起こります。

そこで大事なのは、あなた自身をどう変えていくかなのです。

 

力の時代から知恵の時代

前世紀、人々は力で競い合い、この世紀は知恵で競っています。

今、もし成功したいのなら、高い心の知能指数、EQを持つべきだと信じています。

すぐに負けたくないなら、高いIQを持っていなければならない。

しかし、尊敬を得たいなら、

高いLQLove)愛情の知能指数を持っていなければいけないのです。

アリババ ジャック・マー会長のスピーチより

昨日書いたブログの夫婦…

EQ&LQがあるとよかったのに(笑)ね。

高山直

「あなたって、人としてどうかと思うくらいネクラよ」

2018月03年01日

ある夫婦の会話です。

*夫は外資系にお勤めだそうです。

妻「あ、今日ゴミの日だから、お願いね」

夫「それ、僕の中ではプライオリティが低いので」

妻「なによ、それ。出して行ってよ!」

夫「きみ、アンガーマネジメントできてないね」

妻「…」

 

他人事ではないですよね。

こういう世の中、夫婦の在り方?関係性?それとも時代?

なにか不思議な会話に聞こえますね(笑)

因みに、私はネクラです。それも超・ネクラ。トホホ…

先日、妻に「あなたって人としてどうかと思うくらいネクラよ」と言われました。

EQやってるのに…涙

高山直

胸キュン♪

2018月02年13日

2月9日(火)夕方、広尾の中華食堂でのことです。

カウンター席に座る一人の男性。

年のころは33歳…

職業は…服装から考えるに、

IT系でWEBデザイナー?(髭ありーの、髪型今系、でも地味系、でも大企業社員でもない)

チャーハンを注文。

なんと!

運ばれてきたチャーハンを前に、

手を合わせて「いただきます」と、一礼して食べ始めました。

誰も見てないのに(笑)、当たり前のように。

「いただきます」

俺は見た!

私の目頭が熱くなり、私の胸がキュンとなりました。

とても素敵でした。

とても美しい光景でした。

俺が女子だったら、この人と結婚したいと思いました。

 

こころ洗われた一瞬に涙出る…

高山でした。

...23456...